徹底比較!新車と中古車の購入費用&購入手順

車を購入する場合、新車で購入するか中古車を購入するかの2つの選択肢があります。
まず前者の場合、自動車メーカーの運営するディーラーで購入することが一般的です。
購入の流れとしては、自動車本体の価格に自動車税や保険などの諸費用を含めた予算をまず決めて、欲しい車を決めます。
希望の車があるのであれば、そのメーカーのディーラーに実車を見に行くのもいいですが、特にない場合はカタログや雑誌、インターネットなどでライフスタイルに合う車を探しましょう。
車種を絞ったら実際にディーラーで見積もりを作成してもらいます。この際、ある程度の値引きは出来ますので予算と相談しながら。じっくり交渉していきましょう。
最後に諸々の契約をしたら購入完了です。
次に中古車の場合ですが、まずしなければいけないのは先ほどと同様に購入予算と車種を決めることです。
これらを決めた後は必ず実車の状態を見に行かなければいけません。
年式や走行距離、内外装のダメージ、エンジン音など事前にチェックするポイントをメモにしておくとよいでしょう。
車の状態に納得が行ったら見積もりとなりますが、この時、複数の業者から見積もりをとっておくことで値引き交渉に役立てることが出来ます。
価格に納得をしたら契約です。
印鑑や印鑑証明、住民票、車検証や車庫証明などの書類が必要となります、書類の一部は業者側が代行して手続きを行ってくれることがありますので確認しておきましょう。
以上がそれぞれの購入手順となりますが、基本的に車両代だけで考えれば中古車の方が費用を抑えることが出来ます。ただ中古の場合は、販売諸費用などが高くなりがちですのでしっかりとその点は確認しましょう。