下取り車の手続きと大まかな流れ

クルマを買い替えるとき、それまで乗っていた車を新車を購入するディーラーに買い取ってもらうことを下取りと言います。下取りの流れは、新車購入の手続きに並行して行われますが、ディーラーでは相場表にそって、下取り価格が決められていきますが、新車販売促進キャンペーンなどでは、下取り価格が通常よりも高くなることもあります。

下取り車に関しては、そのクルマが再び中古車として流通させる場合と、廃車にしてしまう場合があります。前者の場合は名義変更が必要になりますし、後者ならば抹消登録が必要になります。ただ、どちらにする場合でも、手続きはディーラーのほうでしてくれるので、自分でしなければならないことはありません。印鑑証明と実印を用意すればOKです。この際、手続きの代行手数料が請求されます。

代行手数料は値引きの一部として無料で行ってくれる場合もありますので、交渉してみると良いと思います。販売員も何とか新車を売りたいと思うので、代行手数料を取らないということも多いのです。特に新車割引が渋いクルマの場合は、このような手数料カットで補うことが多いです。もちろん、自分で手続きができるものがあれば、自分でするという手もあります。